100-105学習教材、100-105試験教材、100-105問題集、100-105試験トレーニング資料、100-105無料サンプル

Interconnecting Cisco Networking Devices Part 1

試験番号:100-105 ICND1
関連資格:CCENT, CCNA Routing & Switching, CCDA, CCNA Security, CCNA Wireless
試験時間:90 分 (45 – 55 問)
試験言語:日本語、英語
試験登録:Pearson VUE

CCENT はネットワーキング キャリアのドアを開きます。
CCENT 認定保有者は、小規模エンタープライズ ブランチ ネットワークを管理する能力を持っていることを証明できます。
CCENT 認定は CCNA 認定を取得するための最初のステップです。同じエントリーレベル エンジニアの中で差別化するのに役立ちます。

TestpassportのCisco CCENT 100-105教科によって点数に差があるため、確実な合格ラインを狙うのであれば9割以上を目指して勉強するのが安全圏になります。
弊社のCisco CCENT 100-105学習教材は、自己ペースのトレーニングガイドです。
Cisco CCENT 100-105受験に向けて最も効率良く準備する方法です。
弊社のCisco CCENT 100-105試験教材を購入したら、あなたは一年間の無料アップデートサービスを取得しました。
弊社が提供したCisco CCENT 100-105問題集がほかのインターネットに比べて問題のカーバ範囲がもっと広くて対応性が強い長所があります。

Cisco CCENT 100-105試験では、ネットワークの基礎、LAN スイッチング テクノロジー、ルーティング テクノロジー、インフラストラクチャ サービス、インフラストラクチャのメンテナンスに関する受験者の知識とスキルが問われます。
次に、Cisco CCENT 100-105試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、Cisco CCENT 100-105試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 Cisco CCENT 100-105試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

1.0 ネットワークの基礎  20%
2.0 LAN スイッチングの基礎 26%
3.0 ルーティングの基礎  25%
4.0 インフラストラクチャ サービス 15%
5.0 インフラストラクチャの運用  14%

自分がCisco CCENT 100-105試験に合格できない心配があれば、はやくTestpassportのウェブサイトをクリックしてもっと多くの情報を読んでください。
弊社のCisco CCENT 100-105試験トレーニング資料は私達受験生の最良の選択です。
弊社のCisco CCENT 100-105勉強資料が変わる限り、すぐに更新して差し上げます。あなたのニーズをよく知っていていますから、あなたに試験に合格する自信を与えます。
Cisco CCENT 100-105無料サンプルをご参照ください

1. Topic 1: Network Fundamentals
Which three statements are true about the operation of a full-duplex Ethernet network? (Choose three.)
A. There are no collisions in full-duplex mode.
B. A dedicated switch port is required for each full-duplex node.
C. Ethernet hub ports are preconfigured for full-duplex mode.
D. In a full-duplex environment, the host network card must check for the availability of the network media
before transmitting.
E. The host network card and the switch port must be capable of operating in full-duplex mode.
Answer: A, B, E
Explanation:
Half-duplex Ethernet is defined in the original 802.3 Ethernet and Cisco says you only use one wire pair
with a digital signal running in both directions on the wire. It also uses the CSMA/CD protocol to help
prevent collisions and to permit retransmitting if a collision does occur. If a hub is attached to a switch, it
must operate in half-duplex mode because the end stations must be able to detect collisions. Half-duplex
Ethernet—typically 10BaseT—is only about 30 to 40 percent efficient as Cisco sees it, because a large
10BaseT network will usually only give you 3- to 4Mbps—at most.
Full-duplex Ethernet uses two pairs of wires, instead of one wire pair like half duplex. Also, full duplex
uses a point-to-point connection between the transmitter of the transmitting device and the receiver of the
receiving device, which means that with full-duplex data transfer, you get a faster data transfer compared
to half duplex. And because the transmitted data is sent on a different set of wires than the received data,
no collisions occur. The reason you don’t need to worry about collisions is because now Full-duplex
Ethernet is like a freeway with multiple lanes instead of the single-lane road provided by half duplex.
Full-duplex Ethernet is supposed to offer 100 percent efficiency in both directions; this means you can get
20Mbps with a 10Mbps Ethernet running full duplex, or 200Mbps for FastEthernet.

2.Which layer of the TCP/IP stack combines the OSI model physical and data link layers?
A. Internet layer
B. transport layer
C. application layer
D. network access layer
Answer: D