CCNA Collaboration 210-065問題集はきみの貴重な時間を節約するだけでなく、 安心で順調に試験に合格するのを保証します

Cisco CCNA Collaboration 認定は、音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションの統合に伴い、コラボレーションおよびビデオに関するスキルを習得、向上を希望するネットワーク ビデオ エンジニア、IP テレフォニー エンジニア、および IP ネットワーク エンジニア向けの実務を意識したトレーニングおよび認定プログラムです。
試験番号:210-065 CIVND
試験名称:Implementing Cisco Video Network Devices
関連資格:CCNA Collaboration
試験時間:75 分 (55 – 65 問)
試験言語:英語
試験登録:Pearson VUE

TestpassportのCCNA Collaboration 210-065問題集はきみの貴重な時間を節約するだけでなく、 安心で順調に試験に合格するのを保証します。
高い価格のCCNA Collaboration 210-065トレーニング授業を受けることはなくて、Testpassportの210-065参考書をショッピングカートに入れる限り、あなたが気楽に210-065試験に合格することを助けられます。
弊社のCCNA Collaboration 210-065試験資料はあなたの時間とお金の少量を過ごすと同時に、IT認定試験に合格させることができます。

CCNA Collaboration 210-065(Implementing Cisco Video Network Devices)試験では、統合型のシスコ ビデオ インフラストラクチャに各種のシスコ ビデオ エンドポイントを実装するのに必要な知識とスキルをテストします。また、シスコのさまざまなビジネス向けビデオ ソリューション アーキテクチャにおいて、シスコ ユニファイド コミュニケーションおよびコラボレーション、TelePresence、Digital Media Player を実装およびトラブルシューティングするための受験者の能力をテストします。
210-065試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。
210-065試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。
1.0 ビデオの概念  21%
2.0 エンドポイントの設定  32%
3.0 トラブルシューティングとサポート  31%
4.0 会議の概念  16%

弊社のCCNA Collaboration 210-065試験資料を使用すると、IT認定試験に参加する候補者のそれぞれのために絶対に合理的かつ適切です。
CCNA Collaboration 210-065無料サンプルをご参照ください。

1. Topic 1, Video Concepts
Which four features are provided by Cisco TelePresence Management Suite? (Choose four.)
A. Scheduling of video conference calls
B. Built-in-bridge functionality for multiparty video conferences
C. SIP-H.323 protocol interworking
D. Centralized management of conference resources
E. SMTP email event notification
F. Endpoint configuration backup and restore
G. Cisco TelePresence endpoint automated redundancy
H. Automated resource optimization
Answer: A, D, E, F
2.Which three features are supported by Cisco TMSPE? (Choose three.)
A. Simplified provisioning
B. LDAP user import
C. Scheduling via Microsoft Outlook
D. FindMe
E. Jabber for Windows
F. Automatic endpoint upgrades
Answer: A, B, D
3.Management wants to modify Cisco TMS to allow users to configure the call behavior with their
associated devices and dial from a single ID.
Which feature needs to be enabled and configured?
A. Smart Scheduler
B. Low-touch Provisioning
C. FindMe
D. CMR Provisioning
Answer: C