100-105試験に関連するすべての情報を含まれて、良い学習機会を提供することができます

2016年8月21日より、100-105を受験しなければなりません。
CCNA Routing and Switching 認定 トレーニングおよび試験内容の変更点:
CCNA Routing and Switching 認定では、このようなテクノロジーの進歩に対応するために構成の見直しを行い、その結果を各トレーニング コースや試験に反映しました。
100-101 ICND1 試験は 100-105 ICND1 試験に変更されます。
ドメイン総数は 7 から 5 に変更されました。
更新された試験ドメインのカテゴリは、CCNP Routing and Switching、CCIE Routing and Switching および他のシスコ認定に沿ったものになっています。
Testpassportは、100-105認定試験に参加する候補者の多くにサービスを提供するのに便利なサイトです。
100-105試験に関連するすべての情報を含まれて、良い学習機会を提供することができます。
弊社の100-105問題集を入手してから、非常に短い時間で試験に準備しても、順調に試験に合格することができます。
100-105試験を受けた人の感想を見れば、どのような問題が出たか書いています。市場で一番最新の100-105参考書を提供し、しかも依頼できる良い資源を得ることができることを保証いたします。
ICND1 試験の比較:
トラブルシューティングのトピックは該当する各ドメインで扱うことになりました。トピックの一覧については ICND1 v3.0 試験のトピックを参照してください。以下は、試験およびトレーニング カリキュラムに移行または追加された主なトピックの概要です。
削除または ICND2 試験に移行された主なトピック
? CCENT の受験者が IP ルーティング プロトコルを学習できるよう RIP が使用されています。OSPF (単一エリア)およびその他の OSPF 関連トピックは ICND2 に移行されました。
? IPv4 から IPv6 に移行するためのさまざまなテクノロジーが登場しているため、デュアル スタックは削除されました。
? Cisco Express Forwarding(CEF)は削除されました。
追加された主なトピック
? エンタープライズ ネットワークの各インフラストラクチャ コンポーネントの影響およびインタラクションに関する概要レベルの知識。特に以下の内容。
? ファイアウォール
? アクセス ポイント
? ワイヤレス コントローラ
? 従来の 3 階層アーキテクチャと比較したコラスプト コア アーキテクチャの知識。このオプションは、ディストリビューションおよびコアを 1 つの階層に展開し、アクセスは 2 番目の階層に展開します。
? IPv6 ステートレス アドレス自動設定機能(SLAAC)の設定および確認。
? IPv6 のアドレッシング タイプに追加されたエニーキャスト。
? Link Layer Discovery Protocol(LLDP)の知識。Cisco Discovery Protocol に追加して使用される L2 Discovery Protocol。
? IPv4 用 RIPv2。ルーティング プロトコルが機能する仕組みを理解することに重点を置いています。
? DNS および DHCP に関連する接続問題を理解するために追加された要件。
? デバイスのモニタリングのための Syslog メッセージのロギングに対する理解。
? デバイス設定のバックアップおよび復元、IOS 機能ライセンス、タイム ゾーンの設定に関連するデバイス管理のスキルおよび知識。
経験豊富な専門家たちが正確で、合理的なCCNA Routing and Switching 100-105問題集を作り上げました。
弊社のCCNA Routing and Switching 100-105練習問題集では、知識の宝物の家を見つけることができます。
早期に新しい弊社のCCNA Routing and Switching 100-105勉強資料を取得するために行きます。