350-018問題集から9割ぐらいに出題されました

350-018試験終了予定日は2017年1月30日です。
2017年1月31日より、400-251を受験ください。
350-018試験はセキュリティの専門家がシスコのネットワーク セキュリティ ソリューションと製品の説明、導入、展開、構成、保守、トラブルシューティングに必要なスキルや能力、および業界の現在のベスト プラクティスやインターネットワーキングの基礎に関するスキルや能力を備えていることを認定します。
受験者は350-018認証試験に関する学習資料をしっかり勉強して、成功することも簡単になります。
Testpassportの350-018問題集から9割ぐらいに出題されました。
真実の350-018テストに非常に近くて、十分に試験に合格させることができます。
試験コード:350-018
試験名称:CCIE Security 筆記試験
関連資格:CCIE Security
試験時間:120 分
試験数:90 – 110 問
試験言語:英語
試験登録:Pearson VUE
CCIE Security 350-018試験内容には、ネットワーキングの基礎、セキュリティに関連した概念やベスト プラクティスのほか、VPN、侵入防御、ファイアウォール、ID サービス、ポリシー管理、デバイスの強化などの分野におけるシスコのネットワーク セキュリティ製品およびソリューションも含まれます。 また、IPv4 および IPv6 の両方の概念やソリューションが含まれます。
弊社のCCIE Security 350-018試験資料を使用すると、認定試験に参加するのは初めてである受験者のために非常に必要です。
受験者のために特別に作成したCCIE Security 350-018学習材料は97パーセントの合格率を保証することができます。
350-018試験は不合格になれば、全額返金のことができ、絶対損にならないです。
350-018無料サンプルを試用してください。

1.Which of the following statements are true regarding hashing? (Choose two)
A. Changing 1 bit of the input SHA-1 changes 1 bit of the output.
B. SHA-1 is stronger than MD5 because it can be used with a key to prevent modification.
C. MD5 produces a 160-bit result.
D. MD5 takes more CPU cycles to compute than SHA-1.
E. SHA-256 is an extension to SHA-1 with a longer output.
Answer: BE
Explanation:
a is wrong: changing one bit change the whole hash
b is wrong because both don’t use a key for hash
c is wrong because md5 is 128bit
c is wrong MD5 is somewhat less CPU-intensive
d is wrong because sha-256 is based on sha 2 not sha 1

2.Which four of these attacks or wireless tools can the standard IDS signatures on a wireless LAN
controller detect? (Choose four.)
A. long HTTP request
B. SYN flood
C. Deauthorization flood
D. NetStumbler
E. Wellenreiter
F. Association flood
G. AirSnort
H. Fragment Overlap attack
Answer: CDEG

3.What Cisco IOS feature prevents an attacker from filling up the MTU cache for locally generated traffic
when using path MTU discovery?
A. Use NetFlow information to export data to a workstation.
B. Force all traffic to send 1280-byte Packets by hard coding the MSS.
C. Enable flow-label marking to track packet destination.
D. Enable flow-label switching to track IPv6 packets in the MPLS cloud.
E. Always use packets of 1500-byte size or larger.
Answer: C
Explanation:
How to Configure IPv6 MTU Path Discovery
Enabling Flow-Label Marking in Packets that Originate from the Device
Enabling Flow-Label Marking in Packets that Originate from the Device
This feature allows the device to track destinations to which the device has sent packets that are 1280
bytes or larger.
Seems we are talking here about Path MTU discovery: in IPv6 it allows a host to dynamically discover and
adjust to differences in the MTU size of every link along a given data path.
Enabling Flow-Label Marking in Packets that Originate from the Device
This feature allows the device to track destinations to which the device has sent packets that are 1280
bytes or larger.
SUMMARY STEPS
1. enable
2. configure terminal
3. ipv6 flowset
4. exit
5. clear ipv6 mtu